刑法及び刑事訴訟法の一部を改正する等の法律(平成18年法律第36号)

法律名:刑法及び刑事訴訟法の一部を改正する等の法律(平成18年法律第36号)
内容:罰金刑の新設等のための刑事法の整備
省庁名:法務省
掲載号: 時の法令 2006年12月15日号
内容:
 はじめに
 本法の背景及び成立に至る経緯
 刑法の一部改正
  1 労役場留置に関する規定の見直し(18条)
  2 公務執行妨害及び職務強要の各罪への罰金刑の新設(95条)
  3 業務上過失致死傷及び重過失致死傷の各罪の罰金刑の引上げ(211条)
  4 窃盗罪への罰金刑の新設(235条)
 刑事訴訟法の改正(461条)
  略式命令制度、罰金刑の最高額を現行の50万円から100万円に引上