外国為替及び外国貿易法の一部を改正する法律(平成21年法律第32号)

法律名:外国為替及び外国貿易法の一部を改正する法律(平成21年法律第32号)
公布日等:平21.5.20公布 平21.7.1施行
タイトル:グローバル化や情報化の進展、不正輸出事案の増加等に対応し、安全保障貿易管理制度を見直し=技術規制の見直し、輸出者等遵守基準の創設、罰則の強化等=
所管省庁名:経済産業省
執筆者名:経済産業省貿易経済協力局安全保障貿易管理課
掲載号: 時の法令 2009年(平成21年)11月30日号〔第1846号〕
内容:
I はじめに
II 改正の背景
III 改正の経緯
IV 改正の概要
 1 技術取引規制の見直し
  1)特定技術の特定国への提供の許可制
  2)特定記録媒体等の輸出及び電気通信による送信
 2 輸出者等遵守基準
  1)輸出者等遵守基準の創設等
  2)特定重要貨物等
  3)輸出者等遵守基準の遵守
  4)指導及び助言
  5)勧告及び命令
 3 罰則の強化
  1)改正外為法第二五条第一項違反又は第四八条第一項違反
  2)改正外為法二五条二項違反又は四八条二項違反
  3)改正外為法第二五条第三項違反
  4)無承認輸出入等に係る罰則水準の引上げ
  5)不正な手段による許可等の取得に対する罪の創設
4 その他
  1)仲介貿易取引規制の見直し
  2)法人に対する罰金刑と自然人に対する懲役刑の時効の調整
  3)罰金の引上げ

図表1 外国為替及び外国貿易法の一部改正について
図表2 技術取引規制の見直し
図表3 輸出者等遵守基準
図表4 仲介貿易取引規制の拡大