大気汚染防止法及び水質汚濁防止法の一部を改正する法律(平成22年法律第31号)

法律名:大気汚染防止法及び水質汚濁防止法の一部を改正する法律(平成22年法律第31号)
公布日等:平22.5.10公布 1年内政令日施行(一部平22.8.10施行)
タイトル:事業者と自治体による効果的な公害防止の取組の促進に向けて
所管省庁名:環境省
執筆者名:前環境省水・大気環境局総務課(現同省総合環境政策局総務課)庄子真憲
掲載号:2010年(平成22年)10月30日号〔第1868号〕
内容:
I 改正の背景と経緯
II 改正の概要
 1 事業者による測定結果の改ざん等への厳正な対応
 2 排出基準超過に係る地方自治体による対策の推進
 3 汚水の流出事故による水環境の被害拡大の防止
 4 事業者による自主的な公害防止の取組の促進
 5 施行期日
III おわりに

〈資料〉 大気汚染防止法及び水質汚濁防止法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(平成二十二年四月二十七日参議院環境委員会)

図表1 公害防止法令を所管する自治体職員数の動向(大気)
図表2 2009年における公害防止管理者等の実働有資格者数(推定値)
図表3 大防法・水濁法に係る近年の主な不適正事案
図表4 大気汚染防止法及び水質汚濁防止法の一部を改正する法律の概要