廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部を改正する法律(平成22年法律第34号)

法律名:廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部を改正する法律(平成22年法律第34号)
公布日等:平22.5.19公布  平23.4.1施行予定
タイトル:廃棄物の更なる適正処理の確保・循環型社会の形成のための施策の充実=排出事業者による適正処理の確保のための対策の強化、建設工事に伴い生ずる廃棄物の処理責任の元請一元化等=
所管省庁名:環境省
執筆者名:環境省廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課
掲載号:2010年(平成22年)10月30日号〔第1868号〕
内容:
I 法改正の経緯
II 法改正の主な内容
 1 廃棄物を排出する事業者による適正な処理を確保するための対策の強化
  1)排出事業者が産業廃棄物を保管する場合の事前届出制度の創設
  2)排出事業者による処理の状況に関する確認の努力義務の明確化
  3)産業廃棄物管理票制度の強化
  4)産業廃棄物処理業者による委託者への通知
  5)建設工事に伴い生ずる廃棄物の処理に関する例外
  6)土地所有者等に係る努力義務の創設
  7)罰則の強化
 2 廃棄物処理施設の維持管理対策の強化
  1)廃棄物処理施設に係る定期検査の創設
  2)維持管理情報の公開の義務付け
  3)維持管理積立金に係る規定の整備
 3 廃棄物処理業の優良化の推進等
  1)産業廃棄物処理業の許可の有効期間に係る特例制度の創設
  2)許可の欠格要件に係る規定の合理化
 4 排出抑制の徹底
 5 適正な循環的利用の確保
 6 焼却時の熱利用の促進
 7 その他

〈資料〉 廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部を改正する法律案に対する附帯決議(平成二十二年五月十一日参議院環境委員会)
図表1 法改正の必要性
図表2 法律の概要
図表3 平成20年度の不法投棄等に占める建設系廃棄物の割合
図表4 欠格要件に係る規定の合理化の概要(無限連鎖への手当)