放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律の一部を改正する法律(平成22年法律第40号)

法律名:放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律の一部を改正する法律(平成22年法律第40号)
タイトル:クリアランス制度の導入等に係る放射線障害防止法の改正の概要について
公布日等:平22.5.10公布 2年内政令日施行
所管省庁名:文部科学省
執筆者:文部科学省科学技術・学術政策局原子力安全課放射線規制室 上田智一
掲載号:2010(平成22)年11月15日号〔第1869号〕
内容:
I はじめに
II 法改正の概要
 1 クリアランス制度の導入
  1)経緯
  2)目的
  3)内容(手続/クリアランスレベル/測定・評価結果の確認方法/放射能濃度の測定・評価方法の認可基準/登録濃度確認機関/環境大臣との関係)
 2 放射化物の規制への導入
  1)経緯・目的
  2)内容
 3 廃止措置の強化
  1)経緯・目的
  2)内容(廃止措置計画の届出義務の創設/廃止措置期間中の義務の強化等)
 4 譲渡譲受制限の緩和
 5 罰則強化

〈資料1〉 放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律の一部を改正する法律案に対する附帯決議(平成二二年四月九日 衆議院文部科学委員会)
〈資料2〉 放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律の一部を改正する法律案に対する附帯決議(平成二十二年四月二十七日 参議院文教科学委員会)
図表1 本法の国会における審議について
図表2 放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律の改正の概要
図表3 廃止措置のスキーム