警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律(平成24年法律第34号)

法律名:警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律(平成24年法律第34号)
公布日等:平24・6・22公布 平25・4・1施行
タイトル:犯罪死の見逃し防止のための死因究明2法の制定①=警察等による死体の取扱いについて規定し、遺族の承諾なしでの新たな解剖制度を創設した死因・身元調査法=
所管省庁名:内閣府
執筆者名:衆議院法制局第二部第一課 栗原理恵
掲載号:2012年(平成24年)10月30日号〔第1916号〕
内容:
Ⅰ 経緯と背景
 1 制定の背景
 2 制定の経緯、国会での審議状況等
Ⅱ 法律の概要
 1 概要
 2 目的
 3 礼意の保持及び遺族等への配慮
 4 死体発見時の調査等
 5 検査
 6 解剖及び守秘義務等
  ■一 解剖
  ■二 解剖の委託、守秘義務等
 7 身元を明らかにするための措置
 8 雑則
  ■一 関係行政機関への通報
  ■二 死体の引渡し
  ■三 海上保安庁が死体を取り扱う場合についての準用
  ■四 人材の育成、財政上の措置等
 9 施行期日

図 警察等が取り扱う死体の死因又は身元の調査等に関する法律の概要