災害対策基本法の一部を改正する法律(平成24年法律第41号)

法律名:災害対策基本法の一部を改正する法律(平成24年法律第41号)
公布日等:平24・6・27公布・施行
タイトル:東日本大震災の教訓・課題を踏まえた、災害対策法制の見直し=大規模広域な災害に対する即応力の強化、大規模広域な災害時における被災者対応の改善等=
所管省庁名:内閣府
執筆者名:内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(総括担当)付 伊藤光明
掲載号:2012年(平成24年)11月30日号〔第1918号〕
内容:
Ⅰ はじめに
Ⅱ 改正法の背景
Ⅲ 改正法の制定経緯
Ⅳ 改正法の内容
 1 大規模広域な災害に対する即応力の強化
  ■一 発災時における積極的な情報の収集・伝達・共有の強化
  ■二 地方公共団体の応援業務等に係る都道府県・国による調整規定の拡充・新設と対象業務の拡大
  ■三 地方公共団体等間の相互応援等を円滑化するための平素の備えの強化
 2 大規模広域な災害に対する被災者対応の改善
  ■一 救援物資等を被災地に確実に供給する仕組みの創設
  ■二 市町村・都道府県の区域を越える被災住民の受入れ(広域避難)に関する調整規定の創設
 3 教訓伝承、防災教育の強化や多様な主体の参画による地域の防災力の向上
  ■一 教訓伝承の新設・防災教育強化等による防災意識の向上
  ■二 地域防災計画の策定等への多様な主体の参画
 4 その他
  ■一 災害の定義の見直し
  ■二 国・地方公共団体の防災会議と災害対策本部の役割の見直し
  ■三 今後の防災に関する制度の在り方の検討
Ⅴ 災対法改正を踏まえた防災対策の見直し及び今後の方向性
 1 防災基本計画の修正
 2 防災対策推進検討会議最終報告
 3 今後の災害対策法制の見直しの方向性

〈資料〉防災対策の充実・強化に向けた当面の取組方針(抜粋)
図表1 災害対策基本法の一部を改正する法律の概要
図表2 防災対策推進検討会議最終報告~ゆるぎない日本の再構築を目指して~(要旨)