暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律(平成24年法律第53号)

法律名:暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律の一部を改正する法律(平成24年法律第53号)
公布日等:平24・8・1公布 平24・10・30/平25・1・30施行
タイトル:企業への襲撃や対立抗争を行う特に危険な暴力団への迅速な対応が可能に
所管省庁名:警察庁
執筆者名:前警察庁組織犯罪対策部企画分析課 阿久津正好
掲載号:2012年(平成24年)12月30日号〔第1920号〕
内容:
Ⅰ はじめに
Ⅱ 暴対法の制定の背景・概要
 1 暴対法制定の背景
 2 暴対法の概要
  ■一 指定暴力団の指定
  ■二 不当な行為の禁止
    ⑴ 暴力的要求行為の禁止/⑵ 準暴力的要求行為の禁止/⑶ 請求妨害行為の禁止/⑷ 賞揚・慰労の禁止
  ■三 事務所使用制限命令
  ■四 都道府県暴力追放運動推進センター
Ⅲ 改正法制定の背景・経緯
 1 背景
 2 有識者会議の開催
 3 国会審議
Ⅳ 改正法の主な改正事項の概要
 1 特定抗争指定暴力団及び特定危険指定暴力団に係る規定の創設
  ■一 特定抗争指定暴力団
  ■二 特定危険指定暴力団
 2 都道府県暴力追放運動推進センターによる暴力団事務所使用差止請求訴訟の追行
 3 暴力的要求行為及び準暴力的要求行為に係る規定の整備
  ■一 暴力的要求行為
  ■二 準暴力的要求行為
 4 縄張に係る禁止行為に関する規定の整備
 5 責務規定の整備
  ■一 国・地方公共団体の責務
  ■二 事業者の責務
 6 その他
  ■一 公示送達に関する規定の整備
  ■二 行政調査に係る規定の整備
   ⑴ 協力要求規定/質問陳述拒否罪
  ■三 罰則の強化