地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律(平成26年法律第83号)

法律名:地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律(平成26年法律第83号)
公布日等:平26・6・25公布 平26・6・25/平26・10・1/平27・4・1/平27・8・1/平27・10・1施行等
タイトル:患者の状態に応じた医療と介護を地域で安心して受けられる基盤の整備
所管省庁名:厚生労働省
執筆者名:厚生労働省医政局総務課 平岡敬博
掲載号:2014年(平成26年)11月30日号〔第1966号〕
内容:
Ⅰ はじめに
Ⅱ 医療介護総合確保推進法の基本的な考え方と成立までの経緯
 ■一 基本的な考え方
 ■二 成立までの経緯
Ⅲ 医療介護総合確保推進法の概要
 1 地域における医療と介護の総合的確保
 ■一 医療と介護の連携強化と新たな基金の創設(図表2参照)
  ⑴ 国による総合確保方針、都道府県計画・市町村計画の作成
  ⑵ 新たな基金の創設
 ■二 医療と介護の連携強化のための医療計画の役割強化
 2 効率的かつ質の高い医療提供体制の構築
 ■一 病床の医療機能の分化・連携
  ⑴ 病床機能報告制度
  ⑵ 地域医療構想
 ■二 医師・看護職員の確保、医療機関の勤務環境の改善
  ⑴ 地域医療支援センターの機能の法定化(平成二六年一〇月一日施行)
  ⑵ 看護職員の住所等の届出制度の創設(平成二七年一〇月一日施行)
  ⑶ 医療機関の勤務環境の改善(平成二六年一〇月一日施行)
 ■三 チーム医療の推進
 ■四 医療事故調査の仕組み(平成二七年一〇月一日施行)
 ■五 医療法人に関する制度の見直し(平成二六年一〇月一日施行)
 ■六 質の高い臨床研究の推進(平成二七年四月一日施行)  
 3 地域包括ケアシステムの構築と持続可能な介護保険制度の構築(図表6参照)
 ■一 地域包括ケアシステムの構築  
  ⑴ 地域支援事業の充実(平成二七年四月一日施行)
  ⑵ 予防給付(訪問介護・通所介護)の地域支援事業への移行(平成二七年四月一日施行)
  ⑶ 特別養護老人ホームの重度者への重点化(平成二七年四月一日施行)
 ■二 持続可能な介護保険制度の構築
  ⑴ 低所得者の保険料軽減の強化(平成二七年四月一日施行)
  ⑵ 一定以上所得者の自己負担の引上げ(平成二七年八月一日施行)
  ⑶ 補足給付の支給要件に資産等を追加(平成二七年八月一日施行)

<資料>
図表1 地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律(概要)
図表2 地域における医療及び介護を総合的に確保するための仕組み
図表3 病床機能報告制度と地域医療構想(ビジョン)の策定
図表4 医療機能の分化・連携に係る取組の流れについて
図表5 地域医療構想(ビジョン)を実現する仕組み
図表6 介護保険制度の改正の主な内容について