建設業法等の一部を改正する法律(平成26年法律第55号)

法律名:建設業法等の一部を改正する法律(平成26年法律第55号)
公布日等:平26・6・4公布 平26・6・4/平26・9・20/平27・4・1/2年内施行
タイトル:現在及び将来にわたる建設工事の適正な施工とその担い手の確保に向けて
所管省庁名:国土交通省
執筆者名:国土交通省土地・建設産業局建設業課 澤田道雄
掲載号:2014年(平成26年)12月30日号〔第1968号〕
内容:
Ⅰ 改正の背景及び趣旨
 1 改正の背景
 2 改正の趣旨及び経緯
Ⅱ 改正の概要
 1 建設業の許可に係る業種区分の見直し(建設業法別表第一関係)
 2 暴力団排除条項の整備(建設業法八条・二九条、入札契約適正化法一一条、浄化槽法二四条、建設リサイクル法二四条等関係)
 3 許可申請書等の閲覧制度の見直し(建設業法一三条)
 4 建設業者及び建設業者団体等による建設工事の担い手の育成及び確保に関する責務の追加(建設業法二五条の二七、二七条の三七・三九)
 5 公共工事の入札及び契約の適正化の基本となるべき事項の追加(入札契約適正化法三条・一五条(新一七条))
 6 入札金額の内訳の提出(入札契約適正化法新一二条・新一三条)
 7 施工体制台帳の作成及び提出(入札契約適正化法一三条(新一五条))

<資料>
建設業法等の一部を改正する法律(平成26年6月4日公布)の概要