都市農業振興基本法(平成27年法律第14号)

法律名:都市農業振興基本法(平成27年法律第14号)
公布日等:平27・4・22公布・施行
タイトル:都市農業の安定的な継続と良好な都市環境の形成のために=都市農業振興基本法の制定=
所管省庁名:農林水産省
執筆者名:参議院法制局第四部第二課 坂本 光
掲載号:2015年(平成27年)8月30日号〔第1984号〕
内容:
Ⅰ はじめに
Ⅱ 立法の背景及び経緯
 ■一 背景
 ■二 経緯
Ⅲ 法律の概要
 1 基本法とすることについて
 2 食料・農業・農村基本法との関係
 3 目的(一条)
 4 定義(二条)
 5 基本理念(三条)
 6 国及び地方公共団体の責務等(四条~七条)
 7 法制上の措置等(八条)
 8 都市農業振興基本計画(九条)
 9 地方計画(一〇条)
 10 基本的施策(三章)
  ⑴ 都市農業の農産物を供給する機能の向上並びに都市農業の担い手の育成及び確保(一一条)
  ⑵ 都市農業の防災、良好な景観の形成並びに国土及び環境の保全等の機能の発揮(一二条)
  ⑶ 的確な土地利用に関する計画の策定等のための施策(一三条)
  ⑷ 税制上の措置(一四条)
  ⑸ 都市農業により生産された農産物の地元における消費の促進(一五条)
  ⑹ 農作業を体験することができる環境の整備等(一六条)
  ⑺ 学校教育における農作業の体験の機会の充実等(一七条)
  ⑻ 国民の理解と関心の増進(一八条)
  ⑼ 都市住民による農業に関する知識及び技術の習得の促進等(一九条)
  ⑽ 調査研究の推進(二〇条)
  ⑾ 連携協力による施策の推進(二一条)
 11 施行期日(附則一項)

<資料>
都市農業振興基本法の概要