持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律(平成27年法律第31号)

法律名:持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律(平成27年法律第31号)
公布日等:平27・5・29公布 平30・4・1(一部公布日、平28・4・1、平29・4・1)施行
タイトル:国保改革をはじめとする持続可能な医療保険制度の構築=医療保険制度の財政基盤の安定化、負担の公平化、医療費適正化の推進、患者申出療養の創設等=
所管省庁名:厚生労働省
執筆者名:厚生労働省保険局総務課 佐藤豪竜
掲載号:2015年(平成27年)11月15日号〔第1989号〕
内容:
Ⅰ はじめに
Ⅱ 医療保険制度の現状と課題(図表1・図表2参照)
 1 国民健康保険の課題
 2 被用者保険の課題
 3 高齢者医療制度の課題
Ⅲ 改正の経緯(図表3参照)
Ⅳ 改正法の概要(図表4参照)
 1 国民健康保険の安定化
 ■一 公費拡充による財政基盤の強化(図表5参照)
 ■二 運営の在り方の見直し(図表6参照)
 2 後期高齢者支援金の全面総報酬割の導入(図表7参照)
 3 負担の公平化等
 ■一 入院時食事療養費の見直し(図表8参照)
 ■二 紹介状なしで大病院を受診した場合の定額負担の導入(図表9参照)
 ■三 標準報酬月額の上限額の引上げ
 4 その他
 ■一 協会けんぽの国庫補助率の安定化(図表10参照)
 ■二 所得水準の高い国保組合の国庫補助の見直し(図表11参照)
 ■三 医療費適正化計画の見直し、予防・健康づくりの促進(図表12参照)
 ■四 患者申出療養の創設(図表13参照)
Ⅴ さいごに