児童福祉法等の一部を改正する法律(平成28年法律第63号)

法律名:児童福祉法等の一部を改正する法律(平成28年法律第63号)
公布日等:平28.6.3公布 平29.4.1施行(一部を除く)
タイトル:児童虐待の発生予防から自立支援までの一連の対策の更なる強化等
所管省庁名:厚生労働省
執筆者名:厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課虐待防止対策推進室 吉田真理
掲載号:2016年(平成28年)11月15日号〔第2013号〕
内容:
はじめに
Ⅰ 今回の法改正の背景と経緯
Ⅱ 改正法の主な内容
 1 児童福祉法の理念の明確化等
 ■一 児童の福祉を保障するための原理の明確化
 ■二 家庭と同様の環境における養育の推進
 ■三 国・地方公共団体の役割・責任の明確化
 ■四 しつけを名目とした児童虐待の防止
 2 児童虐待の発生予防
 ■一 子育て世代包括支援センターの法定化
 ■二 支援を要する妊婦等に関する情報提供
 ■三 母子保健施策を通じた虐待予防等
 3 児童虐待発生時の迅速・的確な対応
 ■一 市町村における支援拠点の整備
 ■二 市町村の要保護児童地域対策協議会の機能強化
 ■三 児童相談所設置自治体の拡大
 ■四 児童相談所の体制強化
 ■五 児童相談所から市町村への事案送致等
 4 被虐待児童への自立支援
 ■一 親子関係再構築支援
 ■二 里親委託等の推進
 ■三 一八歳以上の者に対する支援の継続
おわりに