そのみちのコラム(明戸隆浩:関東学院大学ほか非常勤講師=多文化社会論)

第1回:「不平等な自由の侵害」としてのヘイトスピーチ
掲載号:2016年(平成28年)4月30日号〔第2000号〕

第2回:ヘイトスピーチが「差別煽動」であることの意味
掲載号:2016年(平成28年)5月30日号〔第2002号〕

第3回:「ヘイトスピーチ解消法」の成立、その正当性のありか
掲載号:2016年(平成28年)6月30日号〔第2004号〕

第4回:ミル『自由論』からヘイトスピーチについて考える
掲載号:2016年(平成28年)7月30日号〔第2006号〕

第5回:今、ニューヨークタイムズ判決から学ぶべきこと
掲載号:2016年(平成28年)8月30日号〔第2008号〕

第6回:名誉毀損とヘイトスピーチ
掲載号:2016年(平成28年)9月30日号〔第2010号〕

第7回:「人種的プロファイリング」をめぐって
掲載号:2016年(平成28年)10月30日号〔第2012号〕

第8回:「喧嘩言葉」と「集団的名誉毀損」
掲載号:2016年(平成28年)11月30日号〔第2014号〕

第9回:「表現の自由の国アメリカ」の誕生
掲載号:2016年(平成28年)12月30日号〔第2016号〕

第10回:相模原事件とヘイトクライム
掲載号:2017年(平成29年)1月30日号〔第2018号〕

第11回:「内容中立の原則」の例外としての「差別性」
掲載号:2017年(平成29年)2月28日号〔第2020号〕

第12回:トランプ時代の「言葉の力」
掲載号:2017年(平成29年)3月30日号〔第2022号〕