公文書管理と日本人(瀬畑 源:長野県短期大学助教=日本現代史)

第1回:法制局長官の「強弁」の危うさ
掲載号:2016年(平成28年)4月30日号〔第2000号〕
内容:
◉内閣法制局長官の「強弁」
◉公文書管理法
◉ウソにウソを重ね…

第2回:TPP文書の公開をめぐる議論
掲載号:2016年(平成28年)5月30日号〔第2002号〕
内容:
◉TPP文書の情報開示
◉外交文書を残すことの意味
◉外交文書の公開のあり方
◉文書の「作成」と「公開」

第3回:会計検査院と特定秘密
掲載号:2016年(平成28年)5月30日号〔第2002号〕
内容:
◉会計検査院に特定秘密を見せたくない?
◉会計検査院と特定秘密保護法
◉会計検査院と軍事機密
◉毎日新聞の調査報道の凄み

第4回:国立公文書館の新館建設問題
掲載号:2016年(平成28年)7月30日号〔第2006号〕
内容:
◉国立公文書館新館建設計画
◉国立公文書館とは何か?
◉新館建設問題の浮上
◉新館建設計画への不安

第5回:公文書館と家系調査
掲載号:2016年(平成28年)8月30日号〔第2008号〕
内容:
◉公文書館のユーザー
◉家系調査と日本
◉家系調査支援の可能性

第6回:立法文書の保存と公開
掲載号:2016年(平成28年)9月30日号〔第2010号〕
内容:
◉国会の公文書
◉立法文書の分類
◉立法過程の透明化

第7回:外交文書を公開する意義
掲載号:2016年(平成28年)10月30日号〔第2012号〕
内容:
◉岡田克也氏の外交文書公開論
◉外交史料館での文書公開の進展
◉外交文書がなぜ公開されるのか
◉日本での外交文書公開
◉外交文書公開を進めるには

第8回:豊洲市場問題からみる公文書管理条例の必要性
掲載号:2016年(平成28年)11月30日号〔第2014号〕
内容:
◉豊洲市場問題の追及
◉なぜ文書が残っていないのか
◉公文書管理条例の必要性

第9回:情報公開がなぜ必要か
掲載号:2016年(平成28年)12月30日号〔第2016号〕
内容:
◉マディソンの至言
◉米国情報自由法
◉日本の情報公開運動
◉情報公開法制定

第10回:特定秘密の運用上の問題
掲載号:2017年(平成29年)1月30日号〔第2018号〕
内容:
◉特定秘密保護法成立三年
◉特定秘密の増加
◉監視の不十分さ
◉公文書管理法体系の見直し

第11回:国立公文書館の新館建設問題(続)
掲載号:2017年(平成29年)2月28日号〔第2020号〕
内容:
◉新館の建設計画
◉調査検討報告書
◉保存施設としての充実化
◉専門職の育成

第12回:南スーダンPKO文書公開問題
掲載号:2017年(平成29年)3月30日号〔第2022号〕
内容:
◉公開までの経緯
◉公文書管理法の抜け道
◉なぜ残されていたのか
◉文書管理の原則徹底を!

第13回:森友学園関係公文書廃棄問題
掲載号:2017年(平成29年)4月30日号〔第2024号〕
内容:
◉文書が残っていない
◉財務省の論理
◉法の趣旨をゆがめる解釈
◉公文書管理法の精神を生かして

第14回:特定秘密をどう監視するか

掲載号:2017年(平成29年)5月30日号〔第2026号〕
内容:
◉「あらかじめ指定」
◉「頭の中」の特定秘密
◉どのように監視をするのか

第15回:「私的メモ」と行政文書
掲載号:2017年(平成29年)6月30日号〔第2028号〕
内容:
◉加計学園問題
◉「私的メモ」という言い逃れ
◉「私的メモ」が横行するのは…
◉恣意的な文書管理の行く先には

第16回:東京都公文書管理条例の制定
掲載号:2017年(平成29年)7月30日号〔第2030号〕
内容:
◉「一丁目一番地」
◉公文書管理条例の理念
◉文書の移管と廃棄
◉拙速だった条例審議

第17回:公文書管理法改正を考える
掲載号:2017年(平成29年)8月30日号〔第2032号〕
内容:
◉公文書が無い…
◉ガイドライン改正
◉一年未満文書をどうするか
◉野党の公文書管理法改正案

第18回:南スーダンPKO文書問題の特別防衛監察
掲載号:2017年(平成29年)9月30日号〔第2034号〕
内容:
◉特別防衛監察
◉稲田防衛相の辞任
◉何が問題であったのか

第19回:特別防衛秘密の闇
掲載号:2017年(平成29年)10月30日号〔第2036号〕
内容:
◉特別防衛秘密とは
◉特防秘の成立
◉特定秘密保護法への道
◉特防秘の闇

第20回:公文書の正確性とはなにか
掲載号:2017年(平成29年)11月30日号〔第2038号〕
内容:
◉内閣官房の提案
◉「方策」の内容
◉行政文書の正確性
◉行政文書がゆがめられるおそれ

第21回:行政文書の管理に関するガイドライン改正
掲載号:2017年(平成29年)12月30日号〔第2040号〕
内容:
◉ガイドラインの改正
◉文書の正確性
◉一年未満の保存期間
◉制度は守られるのか

第22回:皇室会議の議事録、昭和天皇「独白録」
掲載号:2018年(平成30年)1月30日号〔第2042号〕
内容:
◉皇室会議の議事録未作成
◉何が問題なのか
◉昭和天皇「独白録」

第23回:電子メールは行政文書か
掲載号:2018年(平成30年)2月28日号〔第2044号〕
内容:
◉公文書クライシス
◉公文書管理法での電子メール管理
◉ 電子情報のルール化
◉「恣意」を排するには

第24回:森友学園問題の再燃
掲載号:2018年(平成30年)3月30日号〔第2046号〕
内容:
◉森友関連文書の開示
◉なぜ文書は公開されたのか
◉情報公開制度の主旨

第25回:文書「改ざん」と民主主義の危機
掲載号:2018年(平成30年)4月30日号〔第2048号〕
内容:
◉「改ざん」の衝撃
◉文書主義と公文書管理法
◉対策はどうするのか

第26回:イラク日報問題に見る公文書管理の歪み
掲載号:2018年(平成30年)5月30日号〔第2050号〕
内容:
◉ イラク日報の「発見」
◉ 大臣の責任
◉ 「写し」は行政文書ではない?

第27回:加計問題に見る公文書公開のあり方

掲載号:2018年(平成30年)5月30日号〔第2050号〕
内容:
◉加計問題の再燃
◉文書記録と口頭での反論
◉愛媛県の公文書管理のおかしさ

第28回:政策決定過程の文書を残すことの意義
掲載号:2018年(平成30年)7月30日号〔第2054号〕
内容:
◉「応接録」の廃棄問題
◉何が問題なのか
◉改革の方向性
◉文書主義はどこへ?

第29回:政府の公文書管理適正化の取組をどう考えるか
掲載号:2018年(平成30年)8月30日号〔第2056号〕
内容:
◉政府の「改革」への取組
◉どのように機能させるか
◉罰則の効果
◉電子文書の保存
◉対症療法のその先に

第30回:放置された「歴史的文書」をどう保存するか
掲載号:2018年(平成30年)9月30日号〔第2058号〕
内容:
◉「カンテラ日誌」の廃棄
◉なぜ廃棄されたのか
◉国有林史料の保存
◉行政文書の定義から外れる歴史的文書

第31回:宮内庁宮内公文書館
掲載号:2018年(平成30年)10月30日号〔第2060号〕
内容:
◉皇居の中の文書館
◉敷居が高かった書陵部
◉公文書管理法の意義

第32回:愛媛県公文書管理条例の問題点
掲載号:2018年(平成30年)11月30日号〔第2062号〕
内容:
◉愛媛県公文書管理条例の制定
◉公文書の定義
◉文書の廃棄
◉市民社会の力を

第33回:安曇野市文書館の開館
掲載号:2018年(平成30年)12月30日号〔第2064号〕
内容:
◉相次ぐ文書館の開館
◉文書館開館への道
◉理想とする文書館
◉なぜ設立が可能だったのか