雇用保険法等の一部を改正する法律(平成29年法律第14号)

法律名:雇用保険法等の一部を改正する法律(平成29年法律第14号)
公布日等:平29.3.31公布 平29.4.1施行(一部を除く)
タイトル:失業等給付の拡充、失業等給付に係る保険料率の引下げ、育児休業に係る制度の見直し等
所管省庁名:厚生労働省 
執筆者名:厚生労働省職業安定局雇用保険課/厚生労働省職業安定局派遣・有期労働対策部需給調整事業課/厚生労働省雇用環境・均等局職業生活両立課
掲載号:2017年(平成29年)10月30日号〔第2036号〕
内容:
Ⅰ 法改正のポイント
Ⅱ 法律制定の経緯
 1 雇用保険制度の改正ついて
 2 職業紹介制度の改正について
 3 育児休業制度の改正について
Ⅲ 法律改正の内容
 1 雇用保険制度の改正ついて
 ■一 失業等給付の拡充
  ⑴ 暫定措置の見直し
  ⑵ 倒産・解雇等により離職した三〇歳以上四五歳未満の者の所定給付日数引上げ
  ⑶ 賃金日額の上・下限額の引上げ
  ⑷ 教育訓練給付の拡充
 ■二 失業給付等に関する保険料及び国庫負担率の時限的引下げ
  ⑴ 保険料の時限的引下げ
  ⑵ 国庫負担率の時限的な引下げ
 ■三 雇用保険二事業に係る生産性向上についての法制的対応
 2 職業紹介制度の改正について
 ■一 職業紹介における求人の不受理
 ■二 職業紹介事業者に関する情報提供
 ■三 募集情報等提供事業に係る規定の整備
 ■四 労働契約締結前の労働条件等の明示
 3 育児休業制度の改正について
 ■一 育児休業期間の延長
 ■二 育児休業等の制度の個別周知の努力義務化
 ■三 育児目的休暇制度の努力義務化