銀行法等の一部を改正する法律(平成29年法律第49号)

法律名:銀行法等の一部を改正する法律(平成29年法律第49号)
公布日等:平29.6.2公布 平30.6.1施行
タイトル:平成29年の銀行法等の一部を改正する法律等の解説
所管省庁名:金融庁
執筆者名:前金融庁企画課信用制度参事官室専門官/弁護士 波多野恵亮
前金融庁企画課信用制度参事官室課長補佐 井町大慧
金融庁企画課信用制度参事官室課長補佐 西澤祐樹
金融庁企画課信用制度参事官室係長 竹岡陽介
掲載号:2018年(平成30年)6月15日号〔第2051号〕
内容:
はじめに
Ⅰ 改正の背景
1 電子決済等代行業者の登場
2 銀行システム・利用者保護の要請及び電子決済等代行業者からの要望
3 オープン・イノベーション促進のための銀行法改正
Ⅱ 改正の概要
1 電子決済等代行業者の範囲(改正後の銀行法二条一七項)
2 電子決済等代行業者に対する規制の概要
■一 登録制の導入(改正後の銀行法五二条の六一の二、五二条の六一の五等)
■二 利用者に対する説明等(改正後の銀行法五二条の六一の八)
■三 銀行との契約締結義務(改正後の銀行法五二条の六一の一〇)
3 銀行に求められる措置(改正後の銀行法五二条の六一の一一等)
4 電子決済等代行業者関連事項以外の法改正事項
Ⅲ 銀行の電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針に関する内閣府令
1 連携及び協働に係る方針の概要
2 連携及び協働に係る方針に関する内閣府令
3 パブリックコメントに対する金融庁の考え方の概要
⑴ 府令二条一号関係
⑵ 府令二条二号及び三号関係
⑶ 府令二条四号関係
⑷ 府令二条六号関係
⑸ 府令三条関係