農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する法律(平成30年法律第23号)

法律名:農業経営基盤強化促進法等の一部を改正する法律(平成30年法律第23号)
公布日等:平30.5.18公布 平30.11 .16施行
タイトル:所有者不明農地の利活用を図る――あわせて、農業用ハウス等の底面の全面コンクリート化の取扱いを見直し
所管省庁名:農林水産省
執筆者名:元農林水産省経営局農地政策課総務係長(現農林水産省食料産業局知的財産課国際企画係長)梶原正太郎/元農林水産省経営局農地政策課経営専門官(現金融庁監督局銀行第一課課長補佐)樋口宜修
掲載号:2018年(平成30年)11月30日号〔第2062号〕
内容:
はじめに
Ⅰ 法改正の背景
Ⅱ 法改正の経緯
Ⅲ 主な改正内容
 1 農業経営基盤強化促進法の一部改正
 ■一 共有者不明農地に係るみなし同意手続の創設
 ■二 共有持分の過半を有する者の同意による賃借権等の存続期間の延長
 2 農地法の一部改正
 ■一 探索義務の内容の明確化
 ■二 都道府県知事の裁定により設定される農地中間管理権等の存続期間の延長
 ■三 底面の全部がコンクリート等で覆われた農作物の栽培施設を農地に設置する際の取扱い
3 施行期日
おわりに