時の法令生まれの単行本『国際法を物語るⅠ ―国際法なくば立たず―』(阿部浩己著)に「届いた!」感満載の書評をいただきました。

書評の執筆者、東京造形大学の前田朗教授の許可を得て転載します(原文)。

★国際法のダイナミズムを学べる読み物
阿部浩己『国際法を物語るⅠ ―国際法なくば立たず―』(朝陽会、2018年)

国際人権法の第一人者の最新刊である。

『国際法の人権化』『国際人権を生きる』『国際法の暴力を超えて』『テキストブック国際人権法』等多数の著作を出してきたが、本書は「物語る」とあるように、概説書や研究書というよりも、一般向けの読み物風に工夫を凝らした入門書である。『時の法令』に連載しただけあって、入門書と言っても、読み応えのある、読者に考えさせる著作となっている。

阿部の国際法学は、何よりも、人権論から国際法を編み直す問題意識と方法論に特徴がある。国際政治の力学、権力関係に付き従うのではなく、人間の尊厳、人権の論理を注ぎ込んできた。

本書でも、マイノリティ、ジェンダー、第三世界などの視点も織り込んでいる。国際法とは何か、そして国家とは何か、を主題としながらも、支配する側の視点だけではなく、多面的多角的に検討を加えている。どの章でも一度は、読みながらニヤッと微笑んでしまう、そうした国際法の本に初めて出会った。

1 国際法と出会う
2 国際法の歴史を物語る
3 国際法と日本
4 国際法の描き方
5 国際法は「法」なのか
6 国際法の存在形態
7 国家について考える① 領域とは何か
8 国家について考える② 永住的住民
9 国家について考える③ 政府と独立
10 国家について考える④ 国家承認の法と政治
11 台湾は国家なのか
12 謎の独立国家ソマリランド
13 不思議の国バチカン
14 国家の消滅 ―沈みゆく環礁国

ご購入はこちらから
Amazon(https://www.amazon.co.jp/国際法を物語る〈1〉国際法なくば立たず-Gleam-Books-阿部-浩己/dp/4903059553/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%B3%95%E3%82%92%E7%89%A9%E8%AA%9E%E3%82%8B&qid=1560151997&s=gateway&sr=8-1)

全官報(https://www.gov-book.or.jp/book/detail.php?product_id=339417)

朝陽会(http://www.choyokai.co.jp/publication/index.html)

「国際法を物語るⅡ 国家の万華鏡」(阿部浩己著)も好評発売中!
こちらも東京造形大学の前田朗教授の書評をいただきました(原文)。

阿部浩己『国際法を物語るⅡ 国家の万華鏡』(朝陽会)

近代国家という構築物の上にさらに積み重ねるように構築されてきた国際法を、国際関係や国家の論理だけでなく、人権の論理も導入しながら、読み解き、読み替える作業が続く。国家の管轄権や、国家の責任や、個人の責任といった各レベルの問題を通じて、現代国際法の変容を明らかにしている。

平和の碑(少女像)について、在外公館の不可侵とは何かを冷静に検討している。日韓の対立をいきなり論じるのではなく、在外公館をめぐる過去の国際法の思考をたどり、その中に位置づける試みである。

人権論を基軸とした国際法の方法論の意義がよく理解できる1冊である。

1 国家と主権―「イスラム国」の残響
2 領域主権と国境管理
3 自己決定権と沖縄
4 エストニアと強制失踪
5 外国国家を裁けるか ―国家免除という桎梏
6 国家管轄権の魔法陣①
7 国家管轄権の魔法陣② ―権能から義務へ
8 在外公館の不可侵 ―「平和の少女像」
9 国家責任のとり方 ―「慰安婦」問題
10 国際裁判の展開
11 国際法を守らせる仕組み
12 国際法と災害
13 核兵器禁止条約と国際法

ご購入はこちらから
Amazon(https://www.amazon.co.jp/国際法を物語る-2-国家の万華鏡-Gleam-Books/dp/490305957X/ref=sr_1_2?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%B3%95%E3%82%92%E7%89%A9%E8%AA%9E%E3%82%8B&qid=1560151997&s=gateway&sr=8-2)
全官報(https://www.gov-book.or.jp/book/detail.php?product_id=343237)
朝陽会(http://www.choyokai.co.jp/publication/index.html)