貨物自動車運送事業法の一部を改正する法律(平成30年法律第96号)

法律名:貨物自動車運送事業法の一部を改正する法律(平成30年法律第96号)
公布日等:平30.12.14公布 公布後1年6月内(一部2年内)施行
タイトル:トラック運送業の健全化を図る――ドライバーの労働環境の改善、悪質な事業者の排除、荷主対策の強化、標準運賃の告示制度の導入等
所管省庁名: 
執筆者名:衆議院法制局第四部第一課 川津幸大
掲載号:2019年(令和元年)8月30日号〔第2080号〕
内容:
Ⅰ 概要
Ⅱ 改正の背景と経緯
 1 改正の背景
 2 改正の経緯
Ⅲ 本法の概要
 1 規制の適正化
 ■一 事業許可の欠格事由の拡充(五条及び三五条四項関係)
  ⑴ 欠格期間の延長
  ⑵ 欠格事由の追加
 ■二 運行管理者資格者証の欠格期間の延長(一九条二項関係)
 ■三 事業の休廃止に係る事後届出制の見直し(三二条及び三五条六項関係)
 ■四 事業の許可基準の明確化(六条及び三五条三項関係)
 ■五 運送約款の認可基準の明確化(一〇条二項三号関係)
 2 事業者が遵守すべき事項の明確化
 ■一 輸送の安全に係る遵守義務の明確化(一七条一項等関係)
 ■二 事業の適確な遂行に関する遵守義務規定の新設(二四条の四等関係)
 3 荷主対策
  ⑴ 荷主の責務に関する規定の新設(六三条の二関係)
  ⑵ 荷主への勧告に関する制度の拡充(六四条関係)
  ⑶ 違反原因行為への対処に関する規定の新設(原始附則一条の二関係)
 4 標準的な運賃に関する規定の新設(原始附則一条の三関係)
 5 罰則(七六条関係)
 6 施行期日(本法附則一条関係)