生命への介入、その法的課題(建石真公子:法政大学教授=憲法・国際人権法)

第1回:総論――医科学の進展と問題のありか
掲載号:2020年(令和2年)4月15日号〔第2095号〕
内容:
はじめに
1 生命への介入の是非を誰が決めるのか
2 日本における生殖医療に関する行政的な指針による調整をどう評価するか
3 フランスにおける生殖医療に関する法―憲法上の原則による制御

第2回:感染症医療と人権保障――「個人の尊厳」をどう保護するか
掲載号:2020年(令和2年)5月15日号〔第2097号〕
内容:
1 誰のための感染症医療か
2 日本におけるcovid-19対策
3 covid-19政策と社会的弱者の人権保護――高齢者の人権
4 国連のcovid-19対策における人権保護の声明