戸籍法の一部を改正する法律(令和元年法律第17号)

法律名:戸籍法の一部を改正する法律(令和元年法律第17号)
公布日等:令元.5. 31公布 令元.6. 20/公布後1年内・3年内・5年内施行
タイトル:戸籍制度における国民の利便性の向上及び行政事務の効率化――マイナンバー制度における戸籍関係情報の情報連携、戸籍証明書等の広域交付等
所管省庁名:法務省
執筆者名:農林水産省大臣官房法務支援室長(前法務省民事局参事官)北村治樹/法務省民事局戸籍企画官兼民事局付 遠藤啓佑/法務省民事局法務専門官 田中寿径
掲載号:2020年(令和2年)5月15日号〔第2097号〕
内容:
はじめに
Ⅰ 改正の経緯等
Ⅱ 改正法の概要
1 マイナンバー法に基づく戸籍に関する情報の情報連携に係る措置について
■一 戸籍関係情報の提供に関する事務処理に関する情報提供用個人識別符号の利用
■二 戸籍関係情報の内容等
⑴ 戸籍関係情報の内容
⑵ 戸籍関係情報の基礎となる戸籍の範囲
■三 戸籍関係情報を作成するための戸籍又は除かれた戸籍の副本に記録されている情報の利用
■四 戸籍関係情報の提供
■五 その他の措置について
⑴ 情報提供用個人識別符号の取得に関する手続に係る規定の整備
⑵ 戸籍関係情報作成用情報に関する措置
2 新システムを利用した戸籍事務の取扱いに関する改正について
■一 戸籍の副本の情報を利用した戸籍事務の取扱いについて
■二 いわゆる広域交付について(新戸籍法一二〇条の二)
■三 戸籍電子証明書の制度について(新戸籍法一二〇条の三)
■四 新システムを利用した届書等情報の取扱いについて
■五 新システムを利用した戸籍事務に関する安全保護措置等について
3 その他の改正事項
■一 市区町村長及び管轄法務局長等による調査権に関する規定の新設
■二 戸籍訂正手続に関する規律の見直し等
⑴ 職権による戸籍訂正手続に関する見直しについて
⑵ 創設的届出に係る戸籍訂正手続に関する戸籍法第一一四条の解釈の明確化について
■三 死亡届の届出資格者の拡大に係る見直し(新戸籍法八七条)
4 改正法の施行日について
おわりに