肥料取締法の一部を改正する法律(令和元年法律第62号)

法律名:肥料取締法の一部を改正する法律(令和元年法律第62号)
公布日等:令元.12.4公布 公布後1年内施行
タイトル:肥料の品質の確保とニーズに応じた柔軟な生産に向けて――原料管理制度の導入と表示基準の整備、そして配合規制の見直し
所管省庁名:農林水産省
執筆者名:農林水産省消費・安全局農産安全管理課 島先陽輔
掲載号:2020年(令和2年)8月15日号〔第2103号〕
内容:
はじめに
Ⅰ 改正の経緯と背景
 1 法案の提出までの経緯
 2 国会の審議
Ⅱ 法律の概要(図表参照)
 1 原料管理制度の導入(三条、二六条、二七条)
 ■一 肥料の原料に係る規格の創設(三条)
 ■二 原料等に係る虚偽の宣伝の禁止(二六条)
 ■三 原料帳簿の備付け義務の新設(二七条)
 2 肥料の配合に関する規制の見直し(四条、一六条の二)
 3 肥料の表示基準の整備(二一条、二二条の二、二二条の三)
 4 題名の改正
 5 その他の改正事項
  ■一 種別の廃止(二条)
  ■二 植害試験を行う肥料の範囲の変更(六条)
  ■三 届出制の肥料の届出期日の改正(一六条の二、二二条)
  ■四 販売業者保証票における荷口番号等の記載(二〇条)
  ■五 特殊肥料の届出事項の追加(二二条)
  ■六 報告徴収及び立入検査に係る規定の整備(二九条、三〇条)
  ■七 行政処分等の対象の明確化(三一条、三二条、三三条の五)
 6 施行期日等