森林組合法の一部を改正する法律(令和2年法律第35号)

法律名:森林組合法の一部を改正する法律(令和2年法律第35号)
公布日等:令2.6.3公布 令3.4.1施行(一部を除く)
タイトル:森林組合の経営基盤を強化――組合間の多様な連携手法の導入、正組合員資格の拡大、事業の執行体制の強化等
所管省庁名:農林水産省
執筆者名:前 林野庁林政部経営課(現 農林水産省大臣官房秘書課) 岡野華苗
掲載号:2020年(令和2年)12月15日号〔第2111号〕
内容:
はじめに
Ⅰ 改正の背景
Ⅱ 改正の経緯
Ⅲ 法律の概要(図表参照)
 1 組合間の多様な連携手法の導入
 ■一 事業譲渡
  ⑴ 組合が行う事業譲渡(六一条一項六号及び六三条四号)
  ⑵ 森林組合連合会(以下「連合会」という)が行う事業譲渡(一〇七条二号及び一〇九条三項で準用する六三条四号)
  ⑶ 生産森林組合(以下「生産組合」という)が行う事業譲渡(一〇〇条二項で準用する六一条一項六号及び六三条四号) 
  ⑷ 事業譲渡に伴う権利義務関係について
 ■二 吸収分割及び新設分割
  ⑴ 吸収分割の手続(八八条の二~八八条の九及び一〇八条の四~一〇八条の一一)
  ⑵ 新設分割の手続(一〇八条の一二~一〇八条の一九)
 2 正組合員資格の拡大
 3 事業の執行体制の強化
 ■一 理事会の活性化
  ⑴ 販売事業等に関し実践的な能力を有する理事の配置
  ⑵ 理事の年齢及び性別への配慮
 ■二 林業所得増大への配慮
 4 その他の改正事項
 ■一 専用契約に関する規定の廃止
 ■二 理事等の競業避止義務に関する規定の廃止
 ■三 債権者異議申立手続等の見直し
 ■四 罰則に関する規定の整理
 5 施行期日等
おわりに