雇用保険法等の一部を改正する法律(令和2年法律第14号)

法律名:雇用保険法等の一部を改正する法律(令和2年法律第14号)
公布日等:令2.3.31公布 令2.4.1施行(一部を除く)
タイトル:高齢者、女性などの就業促進及び雇用継続を図る雇用保険制度等の見直し
所管省庁名:厚生労働省
執筆者名:厚生労働省職業安定局雇用保険課/厚生労働省職業安定局雇用政策課/厚生労働省職業安定局高齢者雇用対策課/厚生労働省労働基準局労災管理課)
掲載号:2020年(令和2年)12月15日号〔第2111号〕
内容:
Ⅰ 法改正のポイント
Ⅱ 法律制定の経緯
 1 雇用保険法等の改正
 2 高年齢者雇用安定法の改正
 3 労推法の改正
 4 労災保険法の改正
Ⅲ 法律の改正内容
 1 雇用保険法の改正
 ■一 育児休業給付の失業等給付からの分離による位置付けの明確化【令和二年四月一日施行】
 ■二 六五歳以上の短時間複数就業者に対する雇用保険の適用【令和四年一月一日施行】
 ■三 高年齢雇用継続給付の給付率の縮小【令和七年四月一日施行】
 ■四 弾力倍率の計算式の見直し【令和二年四月一日施行】
 ■五 保険料率及び国庫負担の引下げの暫定措置の継続【令和二年四月一日施行】
  ⑴ 保険料率の時限的引下げの継続
  ⑵ 国庫負担の時限的引下げの継続
 2 高年齢者雇用安定法の改正
 ■一 改正の趣旨
 ■二 改正の内容
 ■三 高齢者の活躍を促進するために必要な支援
 3 労推法の改正
 4 労災保険法の改正
 ■一 複数事業労働者の場合に、非災害発生事業場の賃金額も合算して労災保険給付を算定【令和二年九月一日施行】
 ■二 複数事業労働者の場合に、それぞれ事業場の業務上の負荷を総合的に評価して労災認定を行う【令和二年九月一日施行】
 ■三 その他の項目